« チェンジ 終売のお知らせです! | トップページ | 深煎りのケニア  »

グァテマラの最高峰アンティグア・ラ タシータ農園

ラ タシータの販売開始しました。短期間の限定販売になりますのでお早めに!  うちのレギュラー、クプラを暫くお休みしますがラ・タシータがなくなり次第復活します。 ローストは2種類になります。ひとつはハイ~シティですが、やたらバランスが良くて透明感がすばらしく、アンティグアらしいシャープでさわやかな酸味。ブルボン100%ではないのがミソで、カルモナ農園のプルカルもそうであったように、必ずしも単一品種でなければ駄目ではないよい例です。ちなみにデーターによるとティピカが20%ですが、カッーラを入れた場合はこのクリアーさは出ないでしょうね。 深煎りの場合はボディの点で結構良かったりするんですけど。アナカフェの方向性が、いわゆるSCAAの基準を意識したものになってきて、カップオブエクセレンスとかのコンテストでの高得点をめざしているのがよくわかります。バランスとクリアーさに行き過ぎると、なんか小さくまとまっちゃう感じもするんですけどね。深煎りにできないのが多くここ数年苦労してます。この豆は結構いけてますけど。苦味とコクにキレがありタイトな味そしてクリアー。 こちらもティピカが効いているようです。ブルボンのみでは感じられないキレが個人的にもお気に入りです。クプラとは違った味わいですのでぜひお試しくださいね。
すっかり涼しくなっちゃってコーヒーがうまいです。 明日あたりブラジル・ドイス イルマンス農園のいちばん摘みをローストできると思います。ワクワクしてきましたフフッ......。

« チェンジ 終売のお知らせです! | トップページ | 深煎りのケニア  »

自家焙煎珈琲」カテゴリの記事

コメント


▲どうもコーヒーは心の余裕・ゆとりを求めるんだねエ。夏は暑くうっとうしくてダメ。当方遅ればせながらようやく、さあ味わうぞの心境。世界的株価暴落も、株がなけりゃ安心していられる。さあコーヒーだと、今夜もミルを挽く。
▲グアテマラ・アンティグアのラ・タシータ深煎りに取り掛かったばかり。多めの一口をすすり、舌先で転がすようにして、口の中ほどから奥へ運ぶと、ああうまい苦さ。のどを越すまで一瞬に時間をかけて楽しんでいる。
▲カリッとして、キレあり。いいんじゃないの。

秋らしい日が続き、珈琲がより美味しく感じます。私的にはこの季節がいちぱん好きです。
グァテマラ ラ タシータを気に入っていただいてありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グァテマラの最高峰アンティグア・ラ タシータ農園:

« チェンジ 終売のお知らせです! | トップページ | 深煎りのケニア  »

2023年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ