« グァテマラの深煎り | トップページ | 年末年始のお知らせ »

ブラジル セラード一番摘み2013其の弐

ブラジルの中深煎りの使用生豆を変更しました。 中煎りと深煎りはしばらくデュアスポンテス
を継続します。 今度の一番摘みはムンドノーボではなくブルボンです。
商品名「ブルボン クラシコ」 クラウジオ コンゴニアス農園
Dscn0508               Brazil Fazenda Claudio Congonhas
カカオの風味を感じ、旨み感が強い。 滑らかでややオイリーな口あたりはフレッシュさも
あいまって飲み応え充分です。 精製がウオッシュ系なのでナチュラルのブラジルとは違う
ややタイトな濃密さ。 同じブルボンでも香味の違いがあり、バウー農園に馴染まれていた方にはよくお解かりいただける事とおもいます。 

« グァテマラの深煎り | トップページ | 年末年始のお知らせ »

自家焙煎珈琲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラジル セラード一番摘み2013其の弐:

« グァテマラの深煎り | トップページ | 年末年始のお知らせ »

2023年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ