« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

イルガチェフェ ナチュラルの深煎り M H A

イルガチェフェの深煎りは使用生豆を変更しました。
大好評のサンイルガチェフェは販売終了となりました
数あるG1規格の中でも選別の良さは際立っていてナチュラル精製とは思えない程のレベル。香味も素晴らしい豆でした。ニュークロップが入荷するのが楽しみです。
さて今回のイルガチェフェM H A(モハメッド フセイン アダミ)も同じくナチュラル精製。
香味の質感は違いを感じます。 香りは日々を重ね充実していくタイプのようでスウィートに
やさしく香ります。
サンイルガチェフェは焙煎当日でも香りを強く放ちましたね。
味も同じイルガチェフェですが微妙なニュアンスの違いを感じます。
ワイニーなコクと甘みは「モカ」感が溢れています。
やはり深煎りには欠かせない豆ですね。
南部諸民族州ゲデオゾーン・ウェレダ(南西部)ケベレ産
ティピカ/ブルボン
Dscn0524yirgachefe_mha
          Mohammed Hussein Adami Washing Station G1 Natural
中煎りのイルガチェフェ コカンナは残り僅かとなりました。
タンザニア キゴマ ブルーナイルを予定しています。
深煎りのアデラもキゴマに変更します。

ルワンダの深煎り

数年ぶりにルワンダを販売します。
以前扱っていたのはミビリッチでした
強烈なコクと濃く深い味わいの印象深い良い豆でした。
取り扱い注意、覚悟を決めて飲んでください。 そんな説明をしながら販売していました。
今回のコカバマはミビリッチのような強烈さはありませんが、しっかりとしたカカオなコクと
充分な甘味を感じます。
グァテマラの深煎りにも似たニュアンス。
アフリカの豆なのにと思われる方、淹れてみてください。
ケニア、タンザニアとはまた違うブルボン種の良さが充分出ています。
西部州キブエ県ルシロ産 マバンザコーヒー農業協同組合                     Fscn0523kokapama_2
                  Rwanda Kokapama (Mabanza)
Dscn0520kokapama_2                     Fullcity++


大雪の為お休みさせていただきました

数時間前から風が強くなり吹雪いてきました。
いったいどの位積もるのだろうか。 明日は徒歩で店に行くしかなさそうです。
今日店に行けず準備焙煎等できなかった分を明日にしなければならず、作業予定にも影響。
なるべく早く揃うように思っています。

新着のお知らせ
ルワンダ コカパマ入荷しました
深煎りです

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ