« 6月12日はお休みです | トップページ | 7月24日はお休みさせていただきます »

円錐ドリッパーのペーパー使い分け

珈琲ドリッパーは近年では円錐型が主流になってきました。

元祖はKonoですが、ハリオからV60が発売され国内はもとより海外でもその流れになっています。

今では多くのメーカーの物が流通しています。

円錐型もそれぞれの好みでチョイスできるようになりました。

当店ではKonoとハリオを扱っていますが、フィルターは1-2杯用に関しては3種類用意してあります。

Gedc0266 左からKonoコットンペーパー
ネルドリップに近い味に抽出できます。
コットンの保水力と繊維の細かさで通液がゆっくりです。
深煎り珈琲を濃く淹れるのに最適です。

真ん中Konoペーパーブラウン
これが標準的なペーパー
挽き目とドリップの湯温や抽出スピードで味の多様性を楽しめます。

右三洋産業CAFEC アパカペーパー
アパカは通液性が高くKonoと比較すると早く落ちます。
ミディアムからハイローストぐらいの豆を風味よく楽しめるペーパーです。

どれを選ぶのもあくまで好みの問題ではありますが、円錐ドリッパー本来の良さを楽しむ

には珈琲ミルは必須となります。

ミルは近年高価になりましたが、長く使える物なので信頼できる販売店で相談してから

購入しましょう。

数多くありますが本当にお勧めできるものは少ないです。










« 6月12日はお休みです | トップページ | 7月24日はお休みさせていただきます »

自家焙煎珈琲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 円錐ドリッパーのペーパー使い分け:

« 6月12日はお休みです | トップページ | 7月24日はお休みさせていただきます »

2023年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ