« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

Kaffa Blend 限定販売です

本日ブレンドを焙煎しました。

通常は1と2を同日に作りますが、今回2をお休みさせていただきました。

エチオピアの具合を確認したかったこともあり、替わりにカッファブレンドを作ってみました。

エチオピアが主体で2とは異なる香味になっています。

2の様なインパクトはありませんが、ほのかなモカの香りと濃密で滑らかなくちあたり。

濃度を上げて淹れるのがおすすめです。

主体になるモカはエチオピア East Harar Nafisifiの深煎り。

単品も販売していますのでぜひお試しを。

サンプル待ち

今日はサンプル2種の到着を待っています。

コロンビアとブラジル。

コロンビアはナリーニョのエクセルソ北部産。

ブラジルは産地は不明の樹上完熟豆。

取りあえずコロンビアから焙煎する予定だが一キロしかない模様。

生豆の具合とテ―スティングの結果で使用するか見極めます。

ブラジルとコロンビアは特に重要な豆なので、できる限りのサンプルテストを行なっていきたい。

本日はブレンドを焙煎

ブレンド1と2の在庫が僅少の為、急遽焙煎します。

そのため本日は試飲サービスができません。

また、焙煎中は数分間程お待ち頂く事がございます。

ご了承のほどよろしくお願いいたします。

 

深煎り二種販売開始

ブラジルの深煎りはショコラが定番ですが、暫らくの間サンタ アリーナに変更します。

中深煎りで使っている豆と同一品ですが、焙煎度合が異なります。

フレンチローストの領域まで煎り上げているので、アイスコーヒーでも美味しくいただけます。

NOIR BLENDに使うブラジルも変更。

次回焙煎分でショコラはしばらくお休みになる予定。

もう一つはエチオピア。

イルガチェフェ コンガを販売中ですが、イーストハラ―との交互販売に。

このハラ―は昨年も販売していたナフィシフィです。

クラシックな正統エチオピアモカ。

イルガチェフェのような鮮烈さはありませんが、上品で優しいモカの香味が楽しめます。

滑らかなくちあたり、広がる上質で豊かな苦み。

至福の時 blessed timeDsc_0070
向かって左Santa Alina 右がEast Harar Nafisifi


コロンビア ナリーニョ

本日よりナリーニョの使用生豆を変更しました。

フロリダ地区産はエクセルソでしたが、こちらはスプレモになります。

さらにフルボディで濃厚な味わい。焙煎も強めになっていますが、Full City+2.5です。

ウィラ産と比べると香味の違いが良くわかります。

ノアールブレンドもこちらのナリーニョに変更しました。

明日はルワンダMuhondoの中煎りを焙煎。

ポテト臭が出ませんように・・・。

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2023年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ