グルメ・クッキング

なつみブレンド七変化?

ブレンドはここのところ豆の入れ替えが多くて、いったいどうなってるのかと混乱している方もおられると思います。今度はコロンビアを変えますのでまた別バージョンになります。 今使っているコロンビアが経時変化によりイメージ通りの香味が出せなくなったためです。 うちにはウィリーズという豆がありますが、これはブレンド②にはぴったりなのですが①にはちょっと強すぎて使えないのでノアールブレンドに使っているウィラ産をしばらく使うことにしました。 ちなみにブレンドは本日売り切れてしまいました。完成は明日の夜になりますのでご了承のほどよろしくお願いします。ブレンドは単独焙煎なのでどうしても時間がかかってしまいます。

グァテマラ ラ タシータのシティローストは終了になります。フィラデルフィア農園のクプラになります。今日ローストしましたがなかなかいい感じだと思います。深煎りはタシータをもうしばらく継続しますがなくなり次第こちらもクプラになります。

イエメンが入荷したのでサンプル到着次第早速テストしてみます。エチオピアがないので期待
しています。  どこまでいけるか真ッ黒にしてみよう。お楽しみに  フフッ.........。

深煎りのケニア 

毎年恒例キリニャガ産のケニア、今年はムシギニです。去年はキアンゴイでしたが香りがよくなかなかいい豆でした。 ブレンドにも使っちゃったりして、ケニアはほんとに使っていて楽しい豆です。さてこのムシギニですが生豆の見た目は肉厚でズングリむっくりしています。 グリーンはしっかり保っていますが、思っていたのよりちょっと欠点豆が多めです。しかしきちんと選別をしてローストすると「これでもかっ!」の膨張をしてくれて、綺麗にシワが伸びてでっかく膨らみます。 見た目の良さではうちの豆の中で一番ですね。  ローストして数時間後に飲んでみましたが、まだ味が落ちついてなく、まだロースト臭と歪みが残っていましたが充分な甘味とコクを感じました。それから3日おきぐらいにカップテストをしてみましたが、やはり少しずつうま味が増してきてかなりいい感じです。独特の香味がアフリカのスペシャルティコーヒートップの豆だという事を再認識させられました。 
そういえば カメルーンの豆も入荷するみたいなのでテストしてみます。アフリカは個性的な豆の宝庫ですからすごく楽しみですね。
ブラジルはセラード産ドイス イルマンス農園を販売開始しています。 詳細は次回に.....。

今年もいけてる、マダンの部族

08クロップのパプアニューギニア マダントライバルを販売開始しました。去年よりも入荷時期が早く、どうかなと思いつつサンプルを取り寄せ、さっそくテストしてみました。 マダン農園とマダントライバルです。最近の流れからいけば農園ものになるのでしょうが、去年と同じ部族でいきます。 グリーンもしっかりと保たれていて、選別も良くなっています。ローストすると多少のムラは出ますがいい感じです。 特徴的な香りとアフターテイストのよさは健在です。柔らかな苦味とフルーティな酸味、程よいコク、そして入荷間もない今だけのフレッシュ感はたまりません。  パプアはいろいろ使ってみましたがこれがいちばん気に入っています。マダンの部族の方々、こんな美味しい豆を作っていただきほんとに有り難うございます!

終売のお知らせ・・・

エルサルバドル サンタテレサ パカマラ

ブラジル セルトン プルボンアマレロの深煎り( 同じセルトンのカツアイ・アマレロに変わります)

雨の日が続いてなんだかなーと思っていたら突然晴れた今日、久しぶりの太陽が嬉しく感じ、気持ちよくローストができて出来も最高!   皆さんの今日のコーヒーの味はいかか゜でした?

グァヤボ!?

短期間の販売、グァテマラ ウィッツマティグはもうすぐ終売になります。ウェウェテナンゴ産     の最高峰、さすがの香味でしたね。次に登場するのはニューオリエンテ産のパカマラ種。   プラン デル グァヤボ農園です 。 今年で三年目の販売になりますが 、これはとても個性的です。しっかりとしたコクがありますが、酸味の質が独特で冷めてくるとフルーツ ジュースのよう。従来のグァテマラの概念を覆す味わいです。他の農園のも二つありましたが、テストの結果やっぱりこれがダントツでした。ウィッツマティグもかなり気に入っていたので続けたいのですが、この夏の時期にグァテマラを2種類はきついのですよ。深煎りのクプラをいれたら3種類になってしまいますから。  このクプラも新豆になりました。 去年のもよかったのですが、今年のは味が滑らかで濃密。 豆面もちょっと違いますね。ローストしている過程での熱の通り方がスムースで、煎り上がりの感じもちょっと違います。気候なのか収穫後の工程か、今のところ解りませんけれど。  同じアンティグア産のラ タシータという豆もありまして、今通関中なのですが、かなり標高の高いところにある農園なのでとても楽しみです。これも近いうちにやらずにはおれませんね。ただしかなりの価格らしいのです、コンテスト物以外で日本に入荷しているグァテマラでは一番高いかも? ヒー!!

スポットでコロンビアのネイバーイビリコという豆を販売します。少量ですのでなくなったらごめんなさい。近日中に店頭に並びます。深煎りでローストします。

ウイリー!?

ウイリーってナニ?  今うちにはサントアントニオというブラジルがありますが、それにひっかけてウイリーという訳ではありません。何の事だか解りませんが、異種格闘技戦のアントニオ猪木対ウイリーのことでは無いのです。 今日から始めたコロンビアの商品名がウイリーなんです。この豆はアルメニア地方キンディオ県のラ エスペランザ農園で栽培されています。精製加工のプロセスは最新の技術で行われていて、そのあたりがこの豆の個性的な香味の豊かさにつながっているようです。  ローストして一時間後くらいにテースティングしたのですが、トロ~ンとした滑らかなコクと甘みが押し寄せる様に広がり、これはコロンビアなのか?と思わせる衝撃的な味のかたまりとでもいいましょうか、何と表現していいのか、難解なうまさをもった豆です。  豆種はカツーラ100%なのでもっと単純で直線的な味をイメージしていたのですが、これほどの味を出すとは思いもしませんでした。 こんな豆に出会えると嬉しくなってしまいますね 。 深めのコロンビアがお好きな方にはぜひ飲んでみていただきたい豆です。

グァテマラはいくつかテストをして、深煎りは定番のクプラ、中深煎りはグァヤボを使うことにしました。グァヤボはウイッツマティグがなくなり次第販売開始です。 

このウイッツマティグですが、これも絶品です。ウェウェテナンゴ産のトップの味です。在庫もう少しなのでまだ飲まれてない方はぜひお試しください。柔らかな苦味とコク、フルーティな酸味、甘みも充分に感じアンティグア産とは違うおいしさ。

暑い日々が続きますね。また早めに更新して最新情報をお知らせします。質問等ありましたら、コメントを入れていただければと思います。

ごぶさたの最新号

ずいぶんご無沙汰してしまいました。なかなかブログを書けない毎日です。 今日もすでに3時を過ぎてしまいました。  この数日は暑くて、ローストするとヘろへろですが豆だけは元気です。新しく始めた物もいくつかあり、これから販売する豆をテスト三昧です。 暑い日々が続きますが、梅雨が明けるのかまだなのか、よくわからないまますでに夏バテ気味です。みなさんもエアコンで冷えた体を珈琲で温めて暑い夏を乗り切りましょう。   

とびっきりのコロンビアが入りました。もうすぐ販売開始します。

アイスコーヒーずきが激増中!!

暑くなってきました。梅雨もあと少しというところでしょうか。 この間もちょっと書いたのですが、アイスコーヒーが美味しく感じる季節になって、ノアールブレンドをお求めの方が日々増えています。特に今年は例年よりアイスコーヒーを飲まれる方が増えました。  だいたいの方は夏でも珈琲は温かいのしか飲まず、アイスはうまくないという意見がほとんどでした。 アイスコーヒー好きの私としてはこの蒸し暑い日本の夏の飲み物として、開店以来毎年ボトル入りで販売してきました。1リッターでノアールブレンドを150グラム使った特濃です。ネルフィルターを使ってドリップしています。一本ずつ作るので毎日数量限定になります。 梅雨が明けたら販売開始です。  ご存知の方も多いと思いますが当店にはアイスコーヒー専用の豆はありません。 ホットコーヒーとして美味しく飲める事を前提にローストしブレンドしています。 このブレンドにはブラジルも使っていますが、これもなかなかの味のアイスコーヒーができます。 サントアントニオのショコラという豆で、何回か前の記事でも書いたようにいい味を出しています。今回は深煎りのみで販売していますが、やはりローストしてから日にちが経ったほうがよりおいしくなります。

これからテストしていいのがあったら使いたい豆 

ケニア、キリニャガ産  グァテマラのパカマラ  もし入荷したらのエチオピアetc... 

もうすぐ終売の豆

ブラジル レクレイオ   マンデリン・シボルガ  コロンビア・サンチュアリオ 

マンデリンはブルーリントンにコロンビアはウイリー?  レクレイオ はセルトンになる予定です。                                

これからの販売予定

ここのところ豆の入れ替わりが多くて、なにげに忙しい毎日です。  エルサルバドルの温泉パカマラは今年もなかなかの出来で安心して使えます。そして月曜日からは、グァテマラ ウェウェテナンゴのウイッツマティグ農園を販売する予定です。あまり深くローストせずに、うちの軽めのほうのアイテムに加えます。 なんだ深煎りじゃないのか!と思った方、わかりませんよ、ある日とつぜん深煎りもやるかも知れませんから。定番クプラの今年の出来次第ですけど。数年前に、同じウェウェ産のエルインヘルトを深煎りにしたらけっこう良かったのです。アンティグア産の豆とは違った味わいとうまさを感じ、結構気に入ってしばらく使っていました。  とりあえずはシティローストで、この豆の特徴を最大限に表現してみます。

ケニアは今月末には入荷するので、キリニャガ産をいくつかテストしてみます。  ク゜ァテマラのパカマラ、プランデル グァヤボも 今年で三年目になります 。

ブラジルのフレンチは、この間テスト販売したサントアントニオ ショコラにする予定です。これはノアールプレンドにも使います。

コロンビアの深煎りは、ただ今エル サンチュアリオ農園を使っています。なくなり次第ミランダ農園になります。

マンデリンの深煎りはブルーリントンを使います。ビンタンリマがお気に入りだった方、もうすぐです。

でかっ!うまっ!パカマラっ!

009 011_2 毎年春の定番、エルサルバドル サンタテレサ農園、温泉パカマラを販売開始しました。去年は入荷が遅れて夏からでしたが、今年は遅れずよかった。この豆はうちの軽めのローストの中では、パプアニューキーニアとならんで超人気です。販売期間も長く、年末ごろまで販売しています。去年のから有機栽培のロットになっています。 滑らかさが増して味の密度があがり、夏草のような香りとフルーティな酸味が楽しめます。 これからのムシアツい季節にぴったりの味ですね。

終売のお知らせ・・・。  エクアドル チャンガイミナ  ルワンダ カレンゲラ  タンザニアグレートリフトバレーのシティロースト (深煎りは継続)  コロンビア サンアグスティン

なつみブレンド①に使用するブラジルはセルトン農園になりました。抽出濃度があがってうま味が増しています。

エチオピアは諸事情により入荷未定です。イエメン ヤフィーを継続しますが、問題解決にはかなり時間がかかりそう 。入荷次第買い付けます。モカがないのはさぴしいですよね。

美しい豆、その名はセルトン-2

002 ブラジル カルモ デ ミナスのセルトン農園は昨日29日より販売開始しました。 ブルボン・アマレロを使うことになりました。カツアイ・アマレロもよかったのですが、私の好みによりブルボンです。 カツアイはちょっと個性的で、ナッツの風味を感じます。甘みがよく出てコクも充分あり、カツアイとしては最上級の味だと思います。2000年のカップオブエクセレンス入賞の、セラード産ボルタ レドンダ農園を思い出しました。かなり近い香味に感じました。 試しにこのカツアイを使ってブレンド①を作ってみましたが、なかなかいい感じで捨てがたい出来でした。次はこっちを使ってみるかもしれませんね。  ブルボンはバランスが良く、苦味は多少はっきり感じますが、日にちがたてばいい感じになって、コクも増してくるでしょう。ナッツとカカオの風味を感じ甘みも充分です。ブラジルというより中米のしっかりした味を感じます。モジアナや他のスルデミナスのものとはまったく違う、、古い歴史のある産地だけれどまったく新しい味。ブラジル産のコーヒーの 概念を覆す味ですね。まさに ニュータイプ。 これを使ったブレンドを今日作りました。どーぞお試しください。  

うっとおしい梅雨の季節ですが、珈琲は新豆真っ盛りです。

2023年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ